子どもが勉強しない理由って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

hapirumamaです。

 

 

夏休みもとうとう終わりましたね。

以前、「夏休みを楽しもう!」という記事を書きましたがやはり楽しんでばかりはいられなかった我が家です(笑)

何が大変かって、小学校の宿題ですよ…

 

 

スポンサーリンク

 

我が家の問題

長男は宿題が苦手

我が家の長男は小学2年生。

1年生の時は友達と遊びたい一心で帰ったらすぐ宿題を終わらせていたのですが、

今では友達と遊ぶ頻度が下がり家に居ることが多くなりました。

 

決して勉強が嫌いということではないのですが…

宿題は苦手な様子で自分からやろうとはしません。

それはなぜか?

本人に聞いてみました。

 

 

ママ「どうして宿題が進まないの?やりたくない?」

 

長男「う~ん…やらなきゃとは思うんだけど集中できない」

 

ママ「それはどうして?」

 

長男「○○(妹)たちが邪魔してくるから…かな?」

 

 

長男は1年の頃からリビングやダイニングテーブルで勉強しています。

今までは出来ていたのですが、最近になり集中力が格段に下がっている様子。

ならばと一人子供部屋で勉強させてみました。

 

数分後。

子供部屋から長男の遊ぶ声が。

 

 

ママ「宿題終わったの?」

 

長男「あ!まだだった…」

 

ママ「一人になっても集中できない?」

 

長男「う~ん…なんだかやりたいことがありすぎて集中できない」

 

 

これには困りました。

恐らく妹たちがいて集中できないよりもやりたいことが多いのが問題なのでしょう。

 

因みに長男のやりたいこととは

  • おもちゃで遊びたい
  • ゲームがしたい
  • TV(録画)が観たい

 

これらがやりた過ぎて集中できないようです。

ではやりたいことの為に宿題をやらせたらいいのでは?と思いますよね。

わたしもそう思っていました。

 

しかし「勉強終わったらやっていいよ」と幾度となく言いましたが効果は最初だけ。

「やりたい!早くしなきゃ!」という焦りから集中できなくなって逆に勉強が手につかなくなってしまうようです。

つまり頭の中がやりたいことだらけという状態。

 

「やりたいことを先にやらせる」という方法も試しました。

しかし遊びがとにかく楽しくて「はい、勉強!」と気持ちを切り替えることは到底出来ず…

失敗。

 

 

 

長男を見ていて気付いたこと

長男の場合、宿題をした時の「達成感」が欠けている気がします。

宿題が終わった達成感よりも、楽しみなことができる喜びが勝っている。

つまり勉強に価値を見い出していないのでしょう。

なぜ勉強するのか話してはいるのですが…

響いてないようですね;

 

 

それと集中力が続かないことも原因のような気がします。

授業中もボーっとしてしまい先生の話を聞いていなくて注意されることも…。

 

このことから幼児期より集中力を上げる訓練をするのは、

子どもにとっても良いことで、とても大切なことだと思いました。

今からでも遅くはないです!

 

 

集中力と計算力をあげるために主人が買ってきてくれたドリルを今は試しているところです。

結果はまた報告しますね!

 

 

 

さいごに

わたしと一緒で長男も「宿題=辛いもの」になってしまっている気がします。

親から頻繁に「やりなさい」と言われるのってしんどいですよね…

わたしも「自分のためにやれ」と言われても正直やる気は出ません。

 

主人には「やらないなら“やれ”というしかないだろ」と言われたのですが、

よく育児書などに書いてありますが「言いすぎると勉強嫌いになる」という事態にならないかな?と危惧しています。

解決策はまだまだ模索中なので、解決出来たらまた別記事にまとめたいと思います。

 

とりあえず、姉に相談してみました。

「一緒にやろう!と言うと、うちは喜んで宿題持ってくるよ」

とアドバイスを貰ったのでこれも試しつつ…。

自発的に宿題に取り組むようになるまでわたしも頑張ります。

 

 

「こんないい方法あるよ!」とコメントいただけたら嬉しいです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

合わせて読みたい記事はこちら↓

夏休みの宿題は必要?それとも不要?

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*