小2の息子が勉強をやる気になった話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

hapirumama です。

 

以前、息子が宿題をやらなくて困ってると言っていたのを覚えていますか?

子どもが勉強しない理由って?

 

 

スポンサーリンク

 

夏休みに入って数日は頑張っていたものの。

2週間経った頃からやる気が見られなくなり、わたしもかなり悩みました。

「勉強しなさい!」と言うのも逆効果だとよく聞きますよね。

 

自分も「やれ」と言われると「嫌だな~…」と思ってしまうタチなので言いたくもなく。

でもいつまで経ってもやる気配がないので結局言う、みたいな状況に悩んでいました。

 

そんなわたしを見かねてか、主人が計算ドリルを買ってきてくれました。

長女の分、長男の分、わたしの分。(笑)

 

「これを毎日1ページやること!」と主人は言いました。

その日から3人で、毎日欠かさず計算ドリルをやっています。

 

 

 

 

長女は足し算と引き算ができるようになり少し誇らしげ。

楽しいようで、自分から毎日ドリルに取り組みます。

 

長男はこれを機に計算スピードが以前より向上。

宿題に対する苦手意識が薄れたようです。

学校から帰ってすぐにとはいきませんが、

少し休憩したら自分から「よし、宿題やーろうっと」と言って取り組むようになりました。

 

わたしが「やろう!」と言うよりも、子どもたちが「ママ!ドリルやるよ!」とわたしに言ってきます。

晴れてわたしの悩みは解消されたのでした。

 

 

 

そういえば、わたしの姉も言っていました。

「やれ」じゃなくて「一緒にやろう!」が良いみたい、と。

 

そして親は勉強や読書をしないのに、子どもは「やれ」と言われても「なんで僕だけ?大人はズルい」と思ってしまうのだとか。

それを聞いてわたしもハッとしました。

普段、読書や勉強する姿を見せていない自分が言ったところで子どもの心には響かないのです。

立派な大人になって欲しければ、親が勉強する姿や頑張る姿を見せなくてはいけないのですね。

 

 

 

子どもが勉強しなくて悩んでいる方。

子どもと一緒に勉強してみませんか?

 

子どもが読書をしなくて悩んでいる方。

一緒に図書館や本屋へ行って本を読んでみませんか?

 

 

親の姿を見て子は育ちます。

親も子と共に成長しましょう!!

 

 

主人が買ってきてくれた計算ドリルは1日1ページ数分。

だから続けられるし、長男の計算スピードも確実に速くなりました!

オススメです(^^)↓↓

 

 

 

 

年長の長女はこちらを毎日楽しんでやっています!↓↓

 

 

では、また!

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*