【マイホーム】遠方だけど家を建てたい!と考えている人へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!hapirumama です。

 

我が家は現在、主人の転勤で関東に住んでいます。

そして来年の春に高速で5時間かかる地元へ帰ることが決まったため、それに合わせてマイホームを建てました!

 

今回は我が家と同じように「遠くに家を建てようかな」と考えている人の参考になれば…と思い、この記事を書くことにしました。

 

スポンサーリンク

 

建築会社を決めるために知っておくと良いこと

最初にお伝えすると、それは遠隔地に建てるノウハウがその会社にあるかということです!

 

我が家は約2年前からマイホームについて考え始めました。

いろんなハウスメーカーや工務店の資料を取り寄せたり、実際にたくさんのモデルハウスを見に行ったり…。

 

そうした中で「どちらにお建てになる予定ですか?」と毎回聞かれます。

地方だと伝えると、大抵驚かれました。「そんな遠くに!?」といった感じです。

 

しかしたま~に「うちのメーカー関東だけなんです」というところも…。

のぼりなどにはそのような記載もなかったのでフラッと入ってしまった我が家。

余計な時間を掛けてしまわない為には、地方もやっているのか事前調査が必要だと思いました。

入ってすぐに、住みたいと思っている地域で建てられるか聞いてみるのもいいですね。

 

 

そしてもう一つ重要なのが、遠隔打ち合わせでの建設が可能かどうか

大手ハウスメーカーならば遠隔地専門の部署があったり、部署は無いけどやり方が明確に決まっている(ノウハウがある)ところも。

正直、やったことがない会社や経験がない担当者は不安ですよね~

打ち合わせのために頻繁に建設予定の最寄りまで行かなきゃいけない…そうなったら交通費も馬鹿になりません。

 

ですから最初に

  • 建設可能地域か
  • 遠隔地での建設経験はあるか(会社・担当者両方)
  • どのように打ち合わせから完成に至るのか

の3点を聞いてみると良いと思います!

 

 

 

我が家はどこのハウスメーカーに決めたのか

さて、我が家がどこのハウスメーカーと契約に至ったのかですが…

「蔵のある家」でお馴染みのミサワホームです!

住宅のミサワホーム(ハウスメーカ-)住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

 

 

なぜ、ミサワホームなのか

他にも一条工務店住友林業に設計図面と概算見積もりを出して貰ったのですが、その中でミサワホームに決めた訳をご紹介いたします。

  • 割引率の高さ(家族割り含む)
  • 予算内に収めようと尽力してくれた
  • 遠隔地専門の部署が有りそこから1人担当が付く。さらに現地にもう1人担当がいる(連携システムが構築されている)
  • 担当者2名とも仕事が早く、主人曰く「仕事のできる人たちだ」と信頼感があった
  • 「平屋に蔵」が魅力的。デザインもシンプル
  • ZEHに前向きだった
  • FP(ファイナンシャルプランナー)を紹介してくれた

まだ書けそうですがこのくらいにしておきます。(笑)

 

とにかく信頼感が半端なくありました。

契約後には不満もポツポツでましたが、許容範囲です。

こちらが「ん?」と思ったことは言えばしっかり対処してくれるので!

 

他の2社にももちろん、それぞれに魅力はありました。

標準仕様が良いものだったり、木にこだわりがあったり…

しかし、我が家の要望には合わないと判断しお断りさせていただきました。

 

あと、営業担当との相性もあります。

何かあったときに相談できてすぐに動いてくれる担当が良いのは皆さん同じですが、こちらの意思を汲み取り事例を提示したり、悩みを解消してくれるような提案ができていたり…

余計なことはしないけど必要な時にサッと助けてくれる、みたいな。

そんな距離感が心地良かったのはミサワホームの担当者でした。

 

 

それと地域限定ではありますが、ミサワホーム西大宮は託児付き!

そのため落ち着いて打ち合わせができたのがかなり良かったです。

他の場所でも託児付きをやるべきだと思います!!

子育てママからのお願いでした^^

 

 

まだまだ書きたいことが山ほどありますが、今日のところはこの辺で。

 

↓応援クリック↓頂けると励みになります!

にほんブログ村

 

ではまた!

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*