【おすすめ絵本】自己主張するために読ませたい絵本4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活の中で、適切に自己主張していくことは大事なことですよね。

自分の意見が言えるということはすなわち、自分はどう思うのか、何がいいのか、何がしたいのかなどを自分でしっかり把握しているということ。

わがまま過ぎるのは問題ですが、適度に自己主張できなければ困るのは子ども自身です。

 

 

 

 

そのためには幼児期から常に考える癖をつけ、考えを言葉で表す訓練を親がしていかなければなりません。

まずは絵本で「きもち」について学ばせましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

絵本の役割とは

絵本はどうしてあるのでしょうか。

何のためにあるのか考えたことはありますか?

 

字が読めない子どもや赤ちゃんのため?

それも一理あるでしょう。

しかし 上記よりも絵本には大きな役割があるのだとわたしは何かの文献で知りました。

 

そこには「絵本とは生きる上で大切なことを学ぶための教科書であり、また感性や想像力を育てる疑似体験の世界である」と書かれていたのです。

しかし ただ読む、読ませるだけではいけないとも書いてありました。

幼少期には本の内容について親子で話し合う時間を持つことが最も大切なのです。

 

大人もそうですが話し合うことで深く考え、より理解し印象にも残ります。

つまり絵本の役割とは「教科書」「疑似体験の世界」以外に、コミュ二ケーションやスキンシップを取るためのツールということですね。

 

育児をするにあたりとても大切なことです。

覚えておきましょう!

 

 

 

では本題に戻りますが、自己主張するためにはどんな絵本を読めばいいのでしょうか?

次の章でわたしのおススメ絵本をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

 

おすすめ絵本4選

わたしが気に入った作品をご紹介させていただきます。

1度読んでみてください。

読み聞かせるときは、子供の個性や年齢に合わせてチョイスしましょう。

 

 

どんなきもち?

 

対象年齢:2歳から
作: ミース・ファン・ハウト
訳: ほんま ちひろ
出版社: 西村書店

 

内容いま、どんなきもち?
自分のきもちを言葉にするのって、けっこうむずかしい。
わくわく、もじもじ、むしゃくしゃ、どきん。
カラフルなおさかなたちが感情を言葉で表現するお手伝いをしてくれるよ。

 

表紙を見て「ファインディング・ニモに出てきそうだなー」と思ったのは、わたしだけでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

どんなきもち? [ ミース・ファン・ハウト ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/6/15時点)

 

 

 

 

ねずみくんのきもち

 

対象年齢:3歳から
作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子
出版社: ポプラ社

 

あらすじ公園で仲良しのねみちゃんを待っているねずみくんの所へいじわるねこくんがやってきます。
ねこくんにまたいじわるされたねずみくんは考えました。
「またいじわるされちゃった。僕って、小さくて気が弱くて何をしても失敗ばかり。だからいじめられるのかなぁ」
落ち込んでいるねずみくんに、ふくろうさんは優しく言いました。
「きっとねこくんは、一番大切なものを忘れているんだよ」
ねずみくんはふくろうさんと一緒に、一番大切なものは何か気づいてゆき…

 

ねずみくんシリーズはわたしの幼いころからありました。

わたしは特に「ねずみくんのチョッキ」が好きです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ねずみくんのきもち [ なかえよしを ]
価格:977円(税込、送料無料) (2018/6/15時点)

 

 

 

きもち

 

対象年齢:4歳から
作: 谷川 俊太郎
絵: 長 新太
出版社: 福音館書店

 

内容友達からおもちゃをとりあげたときの気持ち、お母さんに会ったときの気持ち、捨て猫を見つけたときの気持ち、注射をされるときの気持ち、お父さんとお母さんがけんかをしてるときの気持ち……子どもたちの生活の中で、生まれては消えていく様々な気持ちが描かれています。
この絵本は、気持ちの深さを子どもたち自身に発見してもらうために、ことばを最小限にとどめてあります。
どんな気持ちかな?
絵を見て想像し、話をしてみましょう。

 

谷川俊太郎さんの作品「ともだち」も合わせて読んでほしいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

きもち [ 谷川俊太郎 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2018/6/15時点)

 

 

きもち

 

対象年齢:5歳から
作: ジャナン・ケイン
訳: いしい むつみ
出版社: 少年写真新聞社

 

内容あなたは今どんなきもち?
ワクワク、いかり、しあわせ、イライラ…
この絵本では多彩な色調のイラストで感情を表現しています。
感情の種類を知って自分を客観視できるようになろう!

 

色彩豊かでユニークな表情の数々。

我が子は楽しそうに絵を見ていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

きもち [ ジャナン・ケイン ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2018/6/15時点)

 

 

 

さいごに

 

この他にも良い絵本がきっと有りますので、探してみてください!

そしてママの気に入ったものをお子さんに読んであげて下さいね。

もちろんお子さんの気になっているものも読んであげましょう。

読み聞かせは苦手という方、役になりきらなくても大丈夫です。

ママが読んでくれるだけで子供は嬉しいのですから。

 

 

 

 

以上
【おすすめ絵本】自己主張するために読ませたい絵本4選 でした!

スポンサーリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*