子どもの【おこづかい制】はいつから?周りの人に話を聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家の長男は現在小学2年生です。

近頃「おこづかいちょうだい」とねだるようになってきました。

わたしはその度に「まだ早い」と断ります。

 

しかし「本当にまだ早いのかな?」と最近になってふと疑問に思いました。

 

 

 

小1の頃、一度だけ「このカードのポイントを使っておつかいしてきて」と近所のスーパーでおつかいを頼み、成功した経験があります。

ということは、支払いの仕方はわかっているということです。

 

ならばあとは何を教えなくてはならないのだろう?

他のママたちはどうしているのだろう?

と疑問に思ったのでまずは同じクラスのママたちに聞いてみました。

 

スポンサーリンク

 

息子のお友だちのママに聞いてみた結果

つい先日、懇談会後に行われる「茶話会」という名の座談会がありました。

その際に同じグループのママたちに「おこづかいどうしてますか?」と聞いてみました。

するとみなさん「あげていない」「決まった額のおこづかいは与えていない」との答えでした。

 

しかし、中にはこんな方がいました。

  • 過去におこづかい制を導入したが今は廃止している
  • お手伝いや、やるべきことに対して1つ1つに金額を決めて、できたらその額を渡す
  • ちょうだいと言われたときに「何を買うのか、いくら必要か」を確認してお金を渡す

 

詳しいことは、これから順にお話していきます。

 

 

 

過去におこづかい制を導入したが今は廃止している

このお宅は最初、毎日100円づつおこづかいをあげていましたが、月換算するとトータル3000円前後だと気づきます。

これは多いと思ったので月1000円に変更。

しかし子どもは渡すとすぐに散財してしまうそうです。

これも良くないということで「おこづかい制を止め、必要なものはお買い物の際に買ってあげることにした」と話していました。

 

「子どもはおこづかい制を廃止されても怒らなかった?」と聞くと、最初は嫌がっていたけど徐々に何も言わなくなったそう。

子ども自身も貰ってすぐ使いきってしまうのは良くないと気づいていたようだと言っていました。

 

その子は気付いて諦められる子だったので何事もなく廃止できたのでしょうが、自由に欲しいものが買えなくなると怒りを露わにする子もいると思います。

勉強や習い事、日常生活やお手伝いに対してやる気を無くされるのが一番困りますよね。

 

親が何も考えず安易におこづかい制をスタートさせるのは良くないことだとその話を聞いてわたしは思いました。

 

 

 

お手伝いや、やるべきことに対して1つ1つに金額を決め、できたらその額を渡す

例えば 「帰ってすぐ宿題・10円」「遊んだもののお片付け・10円」

「ゴミ捨て・30円」「お風呂掃除・30円」「ママのお手伝い・50円」

といった具合に、最初に何にいくらもらえるのかを決めて紙に書き出し、見えるところに貼っておくというもの。

 

最初はよくお手伝いするうえ、自分のやるべきこともちゃんとやっていたようなのですが、徐々にやらなくなってしまったそう。

原因は、ご褒美に慣れてしまったことによる「子どものやる気低下」だったようです。

このやり方の悪い点は、初めは「〇〇したからご褒美がもらえた」と喜びますが、徐々に「ご褒美がもらえるから〇〇する」という考えに変わり、最終的に「今のご褒美飽きたからもう〇〇しない」とやらなくなってしまいます。

そうならないためには金額upという手もありますが、そうするとこの先もupし続けなくては続きませんよね。

 

このご褒美をチラつかせやる気を出させる方法は、同じことを繰り返すだけでは持続力が続かない気がします。

また、勉強ややるべきことは自分のためにやるものだと意識づけしなくては子どものためになりません。

将来のことを話し合い、「自分のやりたいことのために勉強するんだよ」等と道標を示してあげるとやる気がでるかもしれませんね。

 

お手伝いに関して言えば、家族の一員なのだと自覚するためにやらせるべきなのではないでしょうか。

「やったらご褒美」では、子どもの目的が変わってしまいます。

 

しかしご褒美は悪いものではありません。

慣れてしまわない程度にご褒美でやる気を出させるのも有効な手段ですので上手に使いましょう。

因みに結果に対してではなく、頑張った過程に対してご褒美を与えると結果に繋がるそうなので試してみてください!

 

スポンサーリンク

 

「ちょうだい」と言われたときに渡す

「何を買うのか、いくら必要なのかを聞いて渡す」と言ったお宅は、上に中学生と小学校高学年のお子さんがいるご家庭でした。

おつかいも上の子たちと一緒に何度も経験済みなので、物の買い方をママは教えていなくても覚えたそうです。

 

しかし ママと一緒に買い物に行った際は「お菓子いくらまで買ってもいいよ」と言っても値札を見る習慣がなく、気に入ったものをバンバン カゴに入れ、毎回予算オーバーの状態で持ってくると言っていました。

結局ママが計算して予算内に絞り直して買うそう。

 

きょうだいがいるから親は教えなくても大丈夫!とはいかないようです。

上の子はおつかいのやり方は教えてくれますが、お金のことまで教えられません。

そのくらいお金の話は難しいものです。

親でさえどう教えればいいかわからず後回しにしてしまうのですから…

 

わたしもそのひとりです。

「どうせ教えたってわからない」と教え方を調べもしないで「まだ早い」と言うのですから、子どもにしてみれば言っても聞き入れてくれない頑固な親です。

 

 

 

さいごに

おこづかい制に加え、ご褒美についても少し触れて書きました。

お話を聞いた方の中にはおこづかい制で毎月決まった額をあげているという家庭はいませんでした。

2年生ではまだ少数なのではないでしょうか。

しかし子どもは欲しいと言います。

これも成長なのでしょうね。

 

私自身「このままではいけない」と思うので、まず色々なやり方を調べて試行錯誤しながら子どもにとってベストな方法を見つけようと思います。

 

別の記事で、わたしなりに調べた方法をまとめますので、今回の記事と合わせて参考にしてみてくださいね。

 

 

 

以上

子どもの「おこづかい制」はいつから?周りの人に話を聞いてみた

でした☆

 

スポンサーリンク

 

合わせて読みたい記事はこちら↓

おこづかい制導入前に子どもに教えたい【お金の話】と【約束事】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*