【レジャー】子連れキャンプ♪気を付けたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!hapirumama です。

このブログであまりキャンプのことは書きませんが、実はファミリーキャンプによく行く我が家。
キャンプギアも一通り揃えています。
わたしは準備や片付けが大変なので「えー行くの?」と思うことも正直ありますが、子どもたちは喜ぶので仕方がない!
ということで主人の趣味に家族で付き合っている感じですが(笑)
それもいいんですよね。
家族で何かに取り組むって大事なことです。

先週末には富士山の麓にあるキャンプ場「ふもとっぱら」へ行ってきました!


スポンサーリンク


ふもとっぱらはキャンパーの間ではかなり有名で広大なキャンプ場です。
先週末もバイカーや車で訪れるキャンパーがたくさんいました。

我が家からは3時間と結構遠いのですが、やはり富士山を見ながらキャンプするならここは外せません♪
高規格と言われる綺麗な設備の整ったキャンプ場とは言いがたいですが、人気の秘密はやはり景色だと思います!

 

そして区画が決まっていないフリーサイトしかないので、我が家のような大きなテントには持って来い!なのです。
GW後半はよく晴れたので大変な混雑だったようですが、先週末も入場の際に並んだりはしたもののそこまで酷い混み具合ではありませんでした。


ちょっと不便な場所はテントもそれほど多くないので子どもはのびのび遊べていいです♪


ただし小さい子どもはトイレの回数が多いので連れていくのが大変;
親はみんな一緒に連れていきたいのに気分次第で来てくれないことってありますよね~

ひとりひとり連れていくのは大変ですが、我が家は必ず大人が着いていくようにしています。
実は前回訪れた際に起きた、ある出来事が教訓となっているのですが…



ふもとっぱらキャンプでの教訓

トイレに行きたがる年長の長男に
「パパついさっきトイレ行ったから追いかけて行っておいで」
と言って、ひとりで行かせました。
その後、日が沈み主人が戻ってきたのですが長男はおらず。
なんと、パパを見つけることができなかった長男。
ひとりでトイレはできたものの、我が家のテントを見失い暗いキャンプ場で迷子になってしまったのです。

「トイレからテントが見えてるから大丈夫。パパもさっき行ったばっかりだし会えるでしょ」
こんな考えもあり、末っ子がまだ赤ちゃんで連れていくのも大変なのでひとりで行かせてしまったわたし。
長男が迷子になったとわかりすごく後悔しました。

その後、車で探し回って見つけ出してくれた主人にわたしはお灸を据えられたのでした。
ホント主人にも長男にも申し訳ないことをしました…


このことから、キャンプの際は細心の注意を払うように気を付けています。
キャンプブームの昨今、たくさんの方がキャンプ場やBBQ場を訪れると思いますが、子どもを連れて行った際は子どもだけに、あるいはひとりにしないように十分気をつけて、安心安全に楽しんでくださいね!



↓応援クリック↓頂けると励みになります!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

ではまた!


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*