【1月】東京ディズニーリゾート1泊2日子連れ旅!その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!hapirumama です。

 

 

※この記事は【1月】東京ディズニーリゾート1泊2日子連れ旅!その1のつづきになります。

 

前回は新浦安にある2018年3月にオープンしたリーズナブルなホテル【コンフォートスイーツ東京ベイ】をご紹介しました。

今回はいよいよディズニーランドについて書いていきたいと思います!

最後までお付き合いください✨

 

スポンサーリンク

 

ディズニーへ行く前にわたしがやったこと

その1【ディズニー公式アプリ】をダウンロード!

https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/guide/app.html

アトラクションなどの待ち時間がすぐ分かり、ショーとパレードの抽選もこのアプリで行えます。地図もあって現在地もわかるので行きたいところへ迷わず行けるのが助かる!抽選も通常ですと抽選場所まで行く必要がありますが、園内に居さえすればどこでも抽選ができてしまいます。

わたしはiPhoneのアプリを使用しましたが動作はかなりスムーズでした。ただ、使い辛さも多少感じたのが本音です。まず初めて使うと知りたい情報を見つけるのに苦労するのでパークへ行く前に慣れておくようにすると良いでしょう。アイコンの意味が分かれば知りたい情報をすぐに見つけられると思います。

この他にもパークチケットの購入、ディズニーホテルやレストランの予約もアプリからできるそうですよ!

わたし的にファストパスもこれで取れたらなーなんて思いますが、そこまでやるとアプリに負担かかっちゃうのかな?

 

その2 ネットで情報収集!

ディズニーはホント企業努力されていて、シーズン毎に新しい変化があります。なので行く前の情報収集は欠かせない!

ガイドブックも良いですが、ディズニーマニアの方が書くブログやサイトもなかなか参考になりますので覗いてみると良いかと思います☆

東京ディズニーリゾート攻略ガイド2019

TDRハック

つれづれディズニーさんぽ道

 

その3 チケットの事前購入

当日購入も可能ですが、チケット売り場も混みますので時短のためにも事前購入をおすすめします!

ただし気を付けたいのがチケットによっては入場制限になった際入れないものがあったり、自己都合や天候不良による払い戻しが一切できません。日付変更を行うという方法もありますが差額が生じる場合はその差額分と手数料がかかりますのでその点を理解した上でチケットを事前購入しましょう!

 

その4 大まかなスケジュールを立てておく

わたしは何時にパークへ行くのか、お昼は何時に食べるのかどこで食べるのかなど大まかなタイムスケジュールを立てました。ホントに大まか!あまり決めすぎるのも狂ったときのストレスになると思うので、大体にしておくのがベストだと思います。余裕のあるスケジューリングが子連れには最適。

因みに昼食をとる時間は10時半頃にお店に入るとすぐ席に着けていいですよ♪もしくは事前予約できるお店がアプリで分かり、予約もできます。ただし、1か月前には予約がどこも一杯でした。行く日が決まったらなるべく早めに予約をしましょう!

 

 

さて、次はパークでのお話です☆

 

スポンサーリンク

 

1日目 東京ディズニーランド

この日のディズニーのお天気は晴れ。1月末で時折強く吹く風はブルッとしましたが、昼間は比較的過ごしやすい気候だったように思います。

とは言え真冬なので事前に準備しておいたカイロをお腹に貼って冷えを防止。ニット帽とマフラーと手袋も装備。子どもが3人いると余計な荷物は増やしたくないところですが、さすがに防寒はしっかりしないとですね。次女は特に冷えに弱く、すぐお腹を壊す体質なので気を遣います。わたしもそうなのですが(笑)

 

入ってすぐにやったこと

それは迷子シールを貰うこと!迷子センターに行けば必ずありますので、場所の確認がてら貰いに行くといいでしょう。もしかしたらパーク内のキャストが持っているかもしれないので近くに居たら聞いてみるといいかも?シーの方は大きな地球儀がある広場のベビーカー貸し出し場でも貰えました☆

 

 

 

昼間にパレード待ちで1時間程場所取りをしましたがわたしは案外余裕でした!回りの景色を見たり写真を撮ったり、お菓子を食べたりして「休憩がてら場所取り」すると効率が良いことに気づき♪子どもも歩きっぱなしだと疲れちゃいますしね。我が子たちはお絵描きやswitchを自己管理で持ってきていたので退屈せずに待てました。

あと場所取りする際は敷物をお忘れなく!我が家は忘れてしまったので買い物したときに貰える可愛いビニール袋をお尻に敷きました (笑) 荷物を減らしたい時はこれも有りかも?

 

夕暮れになるにつれてさすがに寒くなってきたのでトゥモローランドにあるレストランへ入ったのですが、すでに満席;早めの夕飯を食べている人もいれば、我が家同様寒さ凌ぎで休憩されている方も見受けられました。仕方なくテラスへ行くと…なんと!テラスにも暖房が!!室内ほど暖まる空間ではないですが有り難や~

とは言うものの、シンデレラ城のプロジェクションマッピング【Celebrate!Tokyo Disneyland】まで1時間以上ある…ここで待つのは無理だ!と思い、早めにホテルへ帰りました。抽選もダメだったしわたし含めみんなお疲れモードで「もういいや」と諦めました。

 

諦めも肝心!

子連れディズニーはやはり疲れます。なかなか行けない人は「できるだけ多く回って満喫したい!」と思いますよね。でもどう頑張っても混雑したディズニーで全制覇は無理。事前に情報収集して絶対行きたいところなど優先順位を決めておくことをおすすめします。

そして、家族の疲れ具合も見て早めに切り上げるのも大事!疲れてイライラしちゃうとケンカになって楽しめないですから;ケンカになってからではなく、なる前に帰りましょう。

 

 

8才長男が一番楽しそうだったアトラクション

本人に聞いたら【ビーバーブラザーズのカヌー探検】が楽しかったと言っていました。

リアルにカヌー体験ができるアトラクションです!頑張ってみんなで息を合わせて漕がないと前へ進まないので正直しんどいです。わたしは筋肉痛になりました(笑)アトラクションキャストのお兄さんたちもカヌーの前後に乗っていますがかなり必死な様子で漕いでいて、パドルを水面に浸けて休む子どもがいると「それすると前に進まないんだ!お願いだから休むときは水からあげて!」といった感じで注意するほど;

キャストさんの肉体を見るとムキムキな方が多かったので一番筋力を使うアトラクションなのではないでしょうか。

 

6才長女が一番楽しそうだったアトラクション

長女はプリンセスが好きなのもあって【シンデレラのフェアリーテイル・ホール】でテンションが上がっていた様子。わたしもここはテンション上がりました!可愛いが詰まってる感じが堪らないです。

小鳥がドレスにリボンを着けるシーンが特に大好き!いつまでも見ていられる!

長女はプリンセスの中でも白雪姫が特に好きなので【白雪姫と七人のこびと】にも乗車。わたしも初めて乘ったので知らなかったのですがあんなに恐ろしい顔の老婆ばかり出てくるとは!わたしでもちょっと怖かったです;ホラーが苦手な長女が泣くのではないかとヒヤヒヤしました。幸い泣きはしなかったのですが、「ガイコツが怖かった」と話してました。長女と同じ年頃の女の子はアトラクションから出てきて泣いていたのでホラー系苦手な子どもは要注意です!

 

3才次女が喜んだもの

この子はどのアトラクションに乘っても楽しかった様子(笑) パークの雰囲気のおかげでずっとテンションが高かったです。お兄ちゃんが行きたいと言ったホーンテッドマンションにまで着いていきました!わたしは乘ったことがないので怖さレベルとかわからないのですが、「鬼怖い」と言う次女でも平気だったようです。

逆にディズニーキャラクターが近くに居ても素っ気ない感じでした。グリーティングよりもショーやパレードで見るほうが喜んでいたように思います。グリーティングの長蛇の列に並ぶのはしんどいので親的には助かりますが(笑)

 

その他には食べ物も喜んでました!

ミッキーハンバーガー、キャラメルポップコーン、シナモンチュロスが特に我が子たちは好きなようで。可愛いだけでなく美味しいんですよね!

もちろん美味しくないものもありますが(笑) 写真奥に写っているチュロスクリームソーダ味は子どもたちには不評でした;

 

↓応援クリック↓頂けると励みになります!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

【1月】東京ディズニーリゾート1泊2日子連れ旅!その3 へつづく!

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*