【静岡】子連れで!初島グランピングの旅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ夏休みですね!

家族旅行を計画されている方も多いのではないでしょうか?

我が家は恐らく毎年恒例のキャンプになると思いますがまだ計画できていません;

 

今回は家族で2016年に訪れた初島についてお話したいと思います。

子連れ旅行をお考えの方の参考になれば嬉しいです!

 

 

スポンサーリンク

 

初島とは?

伊豆半島東部相模湾海上に浮かぶ、静岡県唯一の有人島。

東京から2時間で行ける「リゾートアイランド」です。

 

 

 

熱海市本土から南東に約10キロメートルの位置にあります。

熱海港・伊東港より高速船に乗り30分で行けます。

 

 

面積は0.437平方キロメートル。

世界最小の国「バチカン市国」が0.44平方キロメートルぐらいでほぼ同じ!

 

 

島の周囲は約4km、最高地点は51m。

 

人口は2016年1月31日現在で201人。

昔から世帯数は40世帯前後と変わらず維持しており、

そうなるように「島のルール」があるようです。

 

TVでもたびたび紹介されますが

首都圏から最も近いリゾートアイランド

それが初島です。

 

 

アクティビティ

島内では様々なアクティビティが楽しめます。

 

【アクティビティ一覧】

  • 小学生~ 高所大型アスレチック「サルトビ」
  • 幼児~ 低所大型アスレチック「ボウタン」
  • ダイビング・スノーケリング
  • 魚釣り
  • ウォーキングにピッタリな周遊道
  • 屋外プール(アイランドリゾート内 / 夏季のみ)

 

残念ながら砂浜は無く海水浴はできません。

そして我が家が行った時にはまだ、「ボウタン」がありませんでした。

やってみたかったなぁ~

 

【宿泊施設について】

熱海に泊まり初島で遊ぶ!なんてことも出来るのですが、

我が家は初島にあるアイランドリゾートでグランピングをしました!

 

我が家、初グランピング!

 

グランピングとはキャンプよりも気軽にアウトドアを楽しめる宿泊施設。

食材や道具は用意されており身軽にキャンプ地へ行きアウトドアを楽しむことができる、

近年流行中の新しいキャンプスタイルです☆

 

 

我が家は2013年頃からキャンプにハマりました。

そして訪れるキャンプ地でよく見かけるキャンピングカーに息子が

「乗りたい!」と何度も言うので、

それを叶えてあげたくて今回の旅行を計画しました。

 

因みに

アイランドリゾートにあるのはキャンピングカーではなく、

トレーラーハウスですがそれはどっちでもよかったようです(笑)

 

アイランドリゾートにはトレーラーヴィラの他にテントヴィラもあります。

宿泊場所はアイランドリゾートの他に会員制ホテル「エクシブ初島クラブ」と民宿が何件かあるようです。

 

 

 

旅行に持っていったもの

ご家庭にもよりますが、参考までに書きたいと思います。

 

我が家は5人家族で子どもは当時1・3・5才

10月中旬、季節は秋でした。

基本半袖。

あと羽織りものを用意し念のため長袖の服も1枚持っていきました。

 

荷物は分かりやすく箇条書きにします!

  • おむつ7~8枚
  • 3人の子供の着替え1泊分(1才児は更に+1セット)
  • 自分の着替え1泊分
  • 主人の着替え1泊分
  • フェイスタオル2枚
  • 食料 (ソフトクーラーボックス1つ分)
  • ミラーレスカメラ
  • 化粧品、アメニティ
  • 小物(充電器 等)
  • 水筒2つ

大体こんな感じでした。

 

1泊旅行でも小さい子どもがいると何かと余分に持っていかなきゃ不安…。

そうすると荷物がかさばりますよね~

そんな時は、おむつや衣類を圧縮袋でコンパクトに!が良さそうです。

衣類の圧縮袋はクルクル丸めて人力で空気を抜きます。

布団圧縮袋は掃除機使って大がかりですがクルクルするだけなら

楽々ですよね!

参考までに~

 

 

アイランドリゾート内は階段が結構あるのでベビーカー移動は難あり。

子どもが歩かなくなったら抱っこ紐の出番です!

静岡港の目の前に駐車場があり我が家はそこに停めたので、

要らない荷物は車に置いていきました。

 

食材は持ち込みOK。

(今はどうかわからないので事前に確認してください)

朝夕の食材は宿泊費に含まれるので+αを持参することにしました。

船に乗る前に静岡港の近くの業務用スーパーでお酒やお菓子、

それと子どもが好きな食べ物を購入。

島内にも小さな食料品店があるのですが、事前に調べたら

「運搬料も含まれ高い」というレビューを見つけたので事前購入にしました。

 

 

以上が荷物についてです。

続いて、この旅で良いと思ったことや反省点を時系列で上げていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

旅の詳細【良かった点 & 反省点】

乗船

静岡港からフェリーに乗ります。

「イルドバカンスプレミア」「イルドバカンス3世号」の2種類の高速船が

毎日9便運航しており、

初島で行われる花火大会の日は臨時便が出るそうです。

船は天候や波の状況により運休することがあるので、

旅行当日は運航情報を要チェックです☆

 

当日、船着き場にて往復チケットを購入します。

未就学児は無料なのが助かりました!

大人2人で5000円強なので…(高)

 

出発すると後ろからカモメの群がついてきます!

子どもたちは大喜び☆

わたしも大興奮でカメラのシャッターを切りまくりました。

 

 

 

近い!近い!

 

餌を持っている人のところにきます!

カモメ専用の餌がどっかに売っているのか、

人間用のお菓子なのかはわかりません;

 

公式サイトには

「11月中旬から3月中旬までシベリアからカモメがやってくる」

と書いてあるのですが、我が家が訪れたのは10月中旬。

普通にいてビックリしました!

もしかして静岡に住みついちゃってるのかな?

 

 

乗船すること30分。

あっという間に 初島到着です!

 

 

初島での様子

移動

下船後、我が家は船をバックに写真を撮りました。

慌てて降りずに最後の方に降りると混雑してなくて子どもも安全ですし、

写真も撮り易いですよ~

 

 

ここからアイランドリゾートまで移動します。

 

 

 

 

パパの荷物

  • 私の服、フェイスタオル、アメニティ(バックパック)
  • パパの服や小物類(キャリーバッグ)
  • ソフトクーラーボックス(持ち込み食材)
  • 私物の小さいショルダー

 

ママの荷物

  • 1才児の荷物+私物(マザーズバッグ)
  • カメラバッグ
  • 抱っこ紐を腰に装着

 

いつ「だっこ~!」と言われてもいいように抱っこ紐は腰に装着!

手持ちの荷物も減るのでおすすめです。

 

長男長女は水筒と自分たちの着替えをリュックに入れ持ちます。

なるべく「自分の荷物は自分で持つ!」が我が家のスタイル。

幼稚園でもそう教えられている子どもたちなので嫌がることなく持ちます。

どうしてそうするのかって?

 

「荷物を自分で持つことにより自立心が芽生える」

今のうちに慣れさせるのって実は子どもにとって良いことなのです。

 

幼稚園や保育園ではお母さんに荷物を持ってくれてたのに、

小学生になったら嫌でも重い荷物を一人で持ち運ぶ…

という方が実は酷じゃないですか?

登下校が憂鬱になり最悪の場合「学校行きたくない!」なんて

言うかもしれませんよ。

 

なので就学前から徐々に慣れさせるのが大事だと思います!

 

 

 

チェックイン

下船所から休み休み歩き、およそ20分でアイランドリゾートのフロントに到着。

チェックインを済ませてそこから宿泊場所のトレーラーヴィラまでさらに10分。

大人だけならもっと早いのでしょうが、3人の子連れはこんな感じでした。

こうやって文字で見ると大変そうですよね~

実際はそうでもなかったです!

 

 

海を眺めながら歩いたり、珍しい草・木・花を見ながら歩くと

意外と早く着いたような気がしました。

 

 

荷物を極力減らしたのも余裕が生まれて良かったのかも?

 

のんびり

トレーラー内に荷物を置き、プライベートハンモックでユラユラ~としながら

しばし休憩。

 

その後、歩いて5分の所にある「アジアンガーデン」へ行きました。

そこにもたくさんハンモックがあり、またユラユラ~

ビールとトロピカルジュース、ココナッツアイスを売店で購入しました。

 

人が少なくて居心地最高!

 

 

絶景露天風呂

暗くなるとフロント内にあるお風呂に行くのも大変なので、夕暮れ前に行きました。

また露天風呂は、夜になると海が真っ暗で大きな波の音しか聞こえません。

月が明るいと海が照らされ綺麗なのですが、曇りの時は月が隠れて

辺りが暗いと子どもにとって怖く感じる場合もあるのでご注意を!

 

しかしながら露天風呂は本当に景色が最高なんです!

お風呂に浸かりながら眺めるどこまでも続く水平線、そして広大な海と空…

とても癒されます♡

我が家は翌日早起きして、朝日を眺めながら入浴しちゃいました~♪

これまた格別なので朝風呂かなりオススメですよ!

 

 

夕食BBQ

夜は用意された海鮮食材を、大きな屋外用ガスコンロで焼いていただきます。

 

なんだか暗いしピンボケしててすみません;

 

伊勢えび・サザエ・ホタテ・アジ etc…

海街育ちのわたしには最高のBBQでした!

 

しかーし!

スーパーで食材を買い足したせいか、子どもがあまり海鮮を食べず…

大人が食べる量が半端なく多くなってしまいました;

ここが反省点。

子どもが好きな食材の持ち込みは少量にしておくことをオススメします!

ただし、海鮮苦手なのであれば持参しましょうね。

 

食後はトレーラーハウスに入り洗い物をして就寝~

 

 

トレーラーハウス

トレーラーハウス内には冷暖房・キッチン・トイレ・シャワールームが完備され快適空間でした☆

子どもたちは2段ベッドが気に入ったようで、上ったり下りたりと大はしゃぎ。

夜もグッスリ寝てくれて良かったです。

日頃キャンプでコテージやテント泊してるので、

どこでも寝れる子たちに育ってます!(笑)

 

荷物削減のため寝巻はあえて持って行かず、次の日の動きやすい服装に着替えて寝ました。

キャンプの時もたまにこうやって荷物削減をしますが、

暑い時期は汗をかくのでオススメしません ×

 

翌朝は早起きして近くを散策ついでに日の出の見えるスポット探しをしました。

結果、フロント棟とプールエリアの間が最強日の出スポットと判明!

 

雲が多いですが、それもまたきれいでした☆

 

お風呂で見れたらそれはもう最高なのですが…

朝のオープンが日の出後の6時半;

冬なら露天風呂で日の出が拝めるかも!?

 

 

朝食ホットサンド

朝風呂後はトレーラーハウスに戻り、ホットサンド作り。

 

食材は前日の夕食と共に持ってきてくれるので冷蔵庫に入れていました。

それを出して挟んで焼くだけ☆

 

テーブルクロスはフロントでレンタルできます☆

我が家は衛生面と写真映えの為にレンタル~

 

ホットサンドの焼き加減が難しかったです;

しかも思ったより時間掛かる~

 

でも美味しかったのでホットサンドメーカー欲しくなりました!

未だ購入には至ってませんので、

コスパ最強な良いホットサンドメーカーがありましたら教えてください^^

 

 

チェックアウト

朝食を済ませ片づけてから荷物をまとめチェックアウト。

すぐフェリーに乗って静岡港へと戻りました。

 

 

チェックアウト後はのんびりすることも可能ですが、

次の予定もあり駐車料金も多く掛かってしまうので我が家は早めの退散。

 

船着き場の側には海鮮料理が食べられるお店がズラリと並んでいるので、

時間に余裕のある方は是非食べてみてください。

真ん前が海なので鮮度の良さは間違いないです!

オススメのお店が紹介できなくてすみません;

 

 

 

帰りもカモメの群はいましたよ~♪

 

 

その後、富士山の麓で 2泊3日のキャンプを実施した我が家なのでした(笑)

 

朝焼けの富士山最高です!

 

 

 

さいごに

初めてのグランピングでしたが、感想は…… とにかく楽!!

そして心にゆとりがもてる!(笑)

小さな子連れ家族にはかなり助かるシステムです。

キャンプは初心者には忙しくて大変なの(小声)

 

 

そして、初島はとてもいいところ。

のんびりまったりな空気感がとても好き~

田舎育ちなもので!

 

最初の方にも書きましたが、

我が家が旅行した当時はアクティビティが大きい子向けのものだけだったので出来ませんでした。

しかし、散策だけでも十分楽しめました。

今は幼児向けのアスレチック施設「ボウタン」もあるので

もっと楽しめるのではないでしょうか!

 

夏はプールもあり!

より、楽しめそうですね。

しかーし、夏は混むことが予想されますので

人が多いの嫌だな~って方は秋冬の閑散期にどうぞ☆

 

アイランドリゾートは冬も営業してますよ~

テントヴィラではコタツに入りながらお鍋がいただけるそうです。

それも楽しそうですね ♪

興味のある方はこちら↓を覗いてみてください↓

初島にいこうよ【公式】

 

 

 

以上

【静岡】子連れで!初島グランピングの旅

でした☆

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*