【おすすめ】子どもとスーパーで楽しくお買い物するコツ教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

hapirumamaです。

 

今回は外出時の困り事についてのお話。

 

 

 

スーパーに子どもを連れて行くとテンションが上がって走り回ったりふざけてフラフラ~グルグル~なんて周りに迷惑を掛けていることはありませんか?

我が子は3人ともこんな感じなので何度も注意しますが、わたしでは叱ってもすぐに言うことを聞きません。

パパだと怖くてピタッと止めます(笑)

 

パパも一緒の時は任せられますが、いない時は当たり前ですが自分で何とかするしかありません。

わたしの場合、イライラすると買い物どころではなくなります。

買い物リストがあっても見る余裕すらなくなります。

そして買い忘れを頻発。

 

この状況を何とか変えたいと思いました。

「叱っても効果が薄いなら、どうすれば止めるだろう?」

 

 

試行錯誤した結果、良かったことをこれからお話しします。

 

スポンサーリンク

 

 

お買い物前に約束をする(おさらいする)

まず試したのは、お買い物に行く前に約束事を話すことです。

何かで読んで覚えていたことを実践してみました。

 

“約束事とそれを守れた時のご褒美を提示する”

 

スーパーに入って話しても、子どもは落ち着いて聞けません。

前もって自宅や車の中などで落ち着いている時に話しておきましょう。

子どもが字を読めるなら書き出しておくのもいいですね!

お出掛け前に、一緒に復唱したら効果も大きいでしょう。

 

 

スーパーでのお約束

  • 大声を出さない(騒がない)
  • 走らない
  • ふざけない
  • 売り物で遊ばない(むやみに触らない)

 

 

なぜやってはいけないのかも話しましょう。

 

やってはいけない理由

  • 騒いでうるさいと周りの人が嫌な気持ちになる
  • ぶつかったら誰かがケガをして痛い思いをする
  • 商品を壊したら弁償しなきゃいけない     等

 

 

 

そして「これらが守れたら良いことあるよ!」とご褒美を提示します。

「お菓子買ってあげる」も良いのですが、さすがに毎回だと家計や健康面が気になるところ…

そんな時は日常的にやっている子どもが喜ぶこと、例えば遊びや食べ物などをご褒美にしてみてはいかがでしょうか?

 

夏なら「お約束守れたら帰ってプール(水遊び)しようね!」とか。

過ごしやすい季節なら「シャボン玉」、寒い季節なら「ココア飲もうね!」など。

子どもが日頃好きなことをご褒美にしましょう。

我が家の場合「トランプしようね!」「UNOしようね!」で喜びます(笑)

 

 

 

ポイント

「わかった!」と言ってもできない時もありますよね。

そんな時はご褒美をお預けにしましょう。

できなかったのに与えてしまうと「約束なんて守らなくてもご褒美は貰える」と思ってしまいます。

それでは意味がありません。

泣いたり怒ったりしてもそこは曲げないでください!

 

 

 

「マナーを守るのはご褒美のため」という考えになってしまうので良くないと言う方もいます。

確かに大きい子どもにはそうなのかもしれません。

しかし小さい子に「マナーだから」「周りに迷惑がかかるから」と言っても理解できません。

 

繰り返し言い続けるのはもちろん大切なのですが、とにかく今すぐ何とかしたい。

楽しく買い物ができなければ、子どもとお買い物に行くことすら辛くなります。

そうなると「もう連れてこないよ!」なんて言ってしまうことも…(経験済み)

 

ご褒美のために頑張る(我慢する)ことは決して悪いことではないですよね。

できたならご褒美だけでなく、目一杯褒めてあげることもお忘れなく!

 

 

 

 

子どもに合ったお手伝いをお願いする

我が子たちはみんな、お手伝いが大好き。

ある時、これを利用できないかなと思いました。

 

 

小2の長男はよく行くお店だと商品の場所が大体わかるので

「牛乳取ってきて!」「いつものジャム取ってきて!」と言えば1人で行って持ってきてくれます。

 

年長の長女はまだ棚の位置がわからないので後を着いていって、こっちだよ~あっちだよ~と指示しながら商品棚まで誘導します。

近くなったら自分で探させます。

 

年少の次女には「これ◯個取って」と常にそばに付き添います。

一人でピューっと行っちゃうと捕まえるのが一苦労;

「これは〇〇っていうんだよ」とモノの名前を教えながらカゴに入れさせます。

 

 

このように子どもの成長に合わせてどういったお手伝いが出来るのか考えて実行しています。

 

 

 

歳が離れている場合「上の子に下の子を任せる」といったご家庭もいらっしゃいます。

我が家の長男坊は「待て待て~」と遊びながら次女を追いかけてケラケラ笑っているのでまだ任せられませんが(笑)

その場に適した面倒の見方が出来るくらいしっかりしているお兄ちゃんお姉ちゃんがいたらママは大助かりでしょうね!

高学年くらいにならないと無理かな?;

 

 

 

 

 

 

さいごに

面倒臭がって上記のことを怠ると大変なのは自分…

しかし心に余裕が無いと「お手伝いのお願い」や「約束事のおさらい」もなかなかできませんよね。

 

そういう時は、スマホやタブレットに頼っても良いのではないでしょうか?

カートに乗せて好きな動画を見せたり知育アプリをさせている間にササッと買い物を済ませられます。

毎回スマホ頼りはしつけの面でも子どもの脳にも良くないです。

ですが、ママだからといってどんなときでも冷静に育児が出来るとは限りません。

 

「今日は何だか余裕ないな~」という時だけでも楽しちゃいましょう。

イライラして怒鳴りつけるよりよっぽどマシです。

 

 

 

いかがでしたか?

毎日育児を頑張るママの参考になれば幸いです。

ご意見ご感想も気軽にお寄せください^^

 

 

ではまた~

hapirumamaでした♪

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*