【マイホーム】コンセントの配置と数の決め方:その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!hapirumama です。

 

現在新築工事中の我が家は先週上棟を終え、来週には上棟式(立ち会い)を控えています。

 

そこで今回は、上棟が終わってから決める【コンセントの配置や数】のお話。

わたしもわからないことだらけなので調べてみました☆

我が家と同じ子育て世帯で「これからマイホームを建てる!」という方に向けて書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

コンセントの種類

コンセントには様々な種類があります。

その中でも良く目にするのが以下のもの。

 

100vコンセント

ダブルコンセントと呼ぶそうです。

これはどこのご家庭にもありますね!

1口、3つ口、4つ口もたまに見かけます☆

 

 

200vコンセント

電力の大きい電化製品に使います。

 

最近では電子レンジに200vのものもあるようです。

「新居にこのレンジを使いたい!」と決まっている場合、そのレンジの電圧を前もって調べてからコンセントを選ぶと良いですね☆

 

 

ガスコンセント

ガスファンヒーターを使うお宅では必須のコンセント。

100vのコンセントと一体型のタイプもあります。

 

我が家は都市ガスではなくプロパンガスのためガス代が高い…

という訳で、ガスファンヒーターを使うことはないと見越してこれは付けません!

 

 

電気自動車用コンセント

EVコンセントとも呼ばれます。

外壁につけるタイプは新築時でないと工事が大変なことになるので、電気自動車を考えているお宅はこちらのコンセントを付けておきましょう!

 

恐らくハウスメーカーが「EVコンセントつけますか?」と聞いてくると思います。

我が家は、主人が「将来的には電気自動車ほしいけどなぁ…」と言いつつも、電気以外にも水素があったりまた新たな技術で違う自動車も出てきそうなので「付けないでおこう」との判断に。

 

 

TVコンセント・電話コンセント・LANコンセント

左側の丸いコンセント口がTV。右側の上が電話で下がLANです。

 

電話のコンセントとLANコンセントって似てませんか!?

わたし一緒だと思っていたのですが別物なんですね;

ネット関係はどうも疎くて…

主人が得意分野なので、今後もお任せしようと思います^^;

 

 

 

コンセントの基本配置

大体どこのご家庭にも当てはまるであろう【基本配置】。

箇条書きで以下に書いていきます。

 

  • 場所を変える事がない大型家電(主に冷蔵庫、洗濯機)の配置に合わせて100vコンセントを設置

 

  • テレビ・電話の置く場所を決め、そばに100v + TVコンセント or 電話コンセントをそれぞれ設置

 

  • 各部屋に最低でも2つ、離れた場所に100vコンセントを配置

 

  • キッチンに200vコンセントを設置

 

  • 各部屋にエアコン専用コンセントを設置

 

  • トイレ便器(ウォシュレット)のそばに100vコンセントを設置

 

  • 掃除機の取り回しを考え廊下にも100vコンセントを設置

 

  • 外部に防水コンセントを1~2箇所設置

 

 

以上が基本の配置です。ここから足したり、必要のないものは取り除きましょう。

 

 

長くなりますので今回はこのくらいで。

「コンセントの高さ」や「あったら便利なコンセント」については次につづく!↓

【マイホーム】コンセントの配置と数の決め方:その2

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*