【マイホーム】コンセントの配置と数の決め方:その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

hapirumama です。

 

この記事は【マイホーム】コンセントの配置と数の決め方:その1

のつづきです。

まだの方はこちら↑からどうぞ!

 

 

スポンサーリンク

 

前回はコンセントの種類基本の配置についてお話しました。

今回はちょうど良い高さあったら便利なコンセントについて。

 

 

 

コンセントのちょうど良い高さ

 

一般的には床から25cmの高さにコンセントの中心がくるのが理想。

しかし家族の背の高さやライフスタイルに合わせて変えるのも、

住みやすい家作りには必要なことです。

面倒臭がらずに生活した時のことを想像してよく考えましょう!

 

例えば、主に掃除機に使う廊下のコンセントは少し高めの40cmにすれば

コンセントの抜き差しの際に深く屈まなくて良いので楽です。

しかし目立つところにつけると見た目が悪くなることも。

そんな時は廊下の作り付け収納の中に設置したり、

ニッチを作りその中にカバー付きのコンセントを設置するなど

「目立たせない工夫」をしてみてはいかがでしょうか!

 

「そこまでする必要ないでしょ」と家族に反対された方。

今ではコンセントも「インテリアの一部」として、

デザイン性に優れたものを取り入れるご家庭も増えていますよ~

 

こんなのとどっちがいい!?と選ばせる権利を与えると、

案外「じゃあこっちで」とどちらかを受け入れてくれるかも。(笑)

 

我が家は夫婦共に「古くさくなければ良し!」のスタンスで、

ハウスメーカーの標準品を採用予定。

設置場所については、悪目立ちしないところに付けたいと思います。

 

 

冷蔵庫・洗濯機・エアコン

それぞれベストな位置があるのをご存じでしたか?

 

まず冷蔵庫はトラッキング現象の防止に高い位置へ付けるのが理想。

冷蔵庫の高さにもよりますが、

170~180cmくらいが良いそうです。

 

次に洗濯機ですが、

こちらは漏電防止に洗濯機より高い位置へ付けましょう。

110cm前後が目安です。

 

最後にエアコン。

床から185cmの高さが一般的な設置位置です。

エアコンの設置位置があらかじめ決まっている場合は、

コンセントが目立たないようにエアコンの上に設置するという方法も。

しかしわたしのように小柄な人にとって高すぎるのは掃除がしにくいので、

エアコンと壁の間に配置するのがスッキリ見えて良いと思います!

 

スポンサーリンク

 

あったら便利なコンセント

ネット調べや独断も含みます。

箇条書きでまとめてご紹介!

 

  • 収納庫内:コードレス掃除機の充電用
  • 外部コンセント:イルミネーションや車の掃除、防犯ライト等に。ウッドデッキの近くにあると便利!
  • パソコンデスク回り:パソコン・プリンター・外付けHDD・スマホやタブレット充電器用に
  • ダイニングテーブルそば:ホットプレートなど食卓に置く調理機器用に
  • キッチン:ママのスマホ充電、電話機、常時出してある家電に1つずつ+αがあると配線に困らない!
  • 階段踊り場:掃除機や電気装飾用
  • 子供部屋:多めにつける。例えばダブルコンセント3つ・エアコン専用
  • 各部屋にLANコンセント:パソコンを頻繁に使う家庭ならばあった方が良い

 

 

 

さいごに

今ある電化製品はなんですか?

それは新居でも使いますか?

 

今使っている場所やコンセントの数も参考にして、

「こうだったら使いやすいのに」と思った時はメモに残してみましょう。

兼用できるものとそうでないものを把握するとなお良し。

メモに残すことで抜けも防げる上、

打ち合わせ時間短縮に繋がります。

 

電気屋さんにすべてお任せしたり適当に決めるのは楽で

時間も掛かりませんがあまりおすすめしません。

必ず後悔する結果となります。

よく考えてもミスはあるそうですが少しのミスならまだしも、

大失敗は避けたいですよね。

住むのは自分達であって電気屋さんではありません。

その為にもしっかりと考えて家族と話し合って決めましょう!

 

将来使いたい家電がある人は、

それ用のコンセントも考えてみてはいかがでしょうか?

ルンバの基地(充電専用スペース)を作ってあげるご家庭もいました^^

 

あとは家具の配置も考慮しましょう。

「家具に隠れてコンセントが使いづらい…」

なんてことになっては勿体ないですからね。

 

 

 

以上!

【マイホーム】コンセントやスイッチの配置と数

でした。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*