子育てにおすすめしたい便利なもの3つ!その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

hapirumamaです。

 

 

子育てには「あると便利だけど必須ではないもの」がたくさんあります。

全てを揃えようとするとお金もかなり掛かりますよね。

 

そこで!

今回はわたしが使ってみたものの中で特におすすめしたいもの3つの記事に分けてご紹介。

「暮らしをもう少し楽にしたいなぁ」と思ったら参考にしてみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

【子育てにあったら便利なもの3つ】

その1:電動アシスト自転車

わたしが電動自転車に乗り始めたのは5年前。

愛車はヤマハのPAS KISS ↓

 

 

 

我が家が自転車購入を検討したきっかけ

車が無かったというのもありますが、1番の理由は長男の幼稚園入園が決まったからでした。

関東へ引っ越してきて1年は自転車もなしでの生活。

家の徒歩圏内にはスーパーも病院も駅もあったため不自由はしていなかったのですが、やはり幼稚園に行くとなると自転車が欲しいところ。

そこで普通のママチャリとアシスト自転車どちらを買うかで迷いました。

 

 

我が家が自転車を選ぶ時に考えた2つのポイント

  1. 幼稚園までの道のりには坂がある
  2. 法律により安全基準を満たした「幼児二人同乗用自転車」でなければ2人の子どもは乗せられない

 

自転車購入を考えた時、坂道の多い地域でママチャリに子どもの椅子を付けただけだと転倒のリスクがかなりあるということに気が付きました。

そして、規制が厳しくなっている現代では子どもを2人乗せて走るには安全基準を満たした自転車でないと警察から注意を受けます。

注意だけならまだしも違反として罰金を取られることも。

 

 

 

タイヤが小さい20インチにした理由

子どもを乗せるとなると両足が地面にしっかり着かなければバランスを崩し転倒する危険があると自転車選びの際に知りました。

実はアシスト自転車って結構重いんです。

さらに子どもを乗せると相当の重量に…。

 

「タイヤが大きいものはひと漕ぎで前に進む距離も長くて楽だから」

という理由で大きいタイヤのものを選ぼうとしました。

しかし、いろんな人の情報を見聞きした結果

「自分の身長と自転車のサイズが合っているものを選びましょう」との意見が圧倒的に多かったです。

 

実際に、わたし自身慣れない頃は何度もバランスを崩しヒヤッとしたり、

1度だけ転倒したこともあります。

それは下の子2人を自転車の前後に乗せていた時のこと。

 

前日雪が降ったのですが地面が凍っているのに気づかずスリップ!

危ない!」と思った時、とっさに両足をつきました。

それでも凍った地面では踏ん張りきれず転倒してしまいました。

 

足が着きワンクッション置いたのが良かったのか、幸い子どもはケガをせずに済みました。

わたしも足を痛めただけでした。

 

この事から以下のことを強く言いたいです。

ヘルメットをしっかり着用することも大切。

それと同じくらいママが扱いやすい自転車を選ぶのもとても大切!

だということを。

 

もちろんお値段は高いです。

我が家が買った時も10万強しました。

 

しかしアシストがあるメリットは、楽なのもそうですが1番は普通の自転車よりも安全という点です。

坂道だけでなく、漕ぎだしもアシストしてくれて転倒のリスクがかなり下がります。

スピードが出ていないと普通はバランスが取りにくいですよね。

子どもが乗って重いとさらにバランスは崩れやすいのです。

 

あまり自転車に乗らないのであれば要らないでしょうが、日常使いするのであれば断然アシスト自転車がオススメです!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:131760円(税込、送料無料) (2018/8/16時点)

※上記は パナソニックの商品です

 

 

とはいえ経済的に諦めるしかない場合もありますよね。

でも

諦めるのちょっと待った!

 

最近では中古で販売されていたり、自治体によっては補助が出たり貸し出しをしているところもあるのでお住まいの自治体のHPを見たり、役所に直接問い合わせて聞いてみましょう。

子育て支援に積極的なところはやっている可能性が高いです☆

↓実施している自治体などがまとめてあるサイトがありましたので参考までに。

外部リンク 子供乗せ電動アシスト自転車の選び方&購入ガイド

 

 

「自分に使いこなせるかな?」

「ちょっと生活の中で体験してみたい!」

という方は、レンタルという手も。

外部リンク 電動アシスト自転車レンタル(DJレンタル)

 

 

上記も踏まえて検討してみてはいかがでしょうか?

 

その2へつづく

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*