【子育て】今日の出来事を通して考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!hapirumama です。

我が家は幼稚園児が2人いて、幼稚園バスを利用しています。今朝、3才の次女が「きょう おむかえにして!」と言いました。

 

スポンサーリンク

 

わたしが「なんで?バスで帰ってきてよ~」と返すと、「いやだ~ママにはやくあいたいの~!」と怒りながら可愛いことを////何度もこのやり取りをしていました。そうこうしていると迎えのバスが来てしまい、このままではグズったまま幼稚園に行くことに…バスの先生やお友だちに迷惑かけかねません。結局、お迎えバッジを付けて迎えに行く約束をしました。

なぜわたしがお迎えを渋ったのかというと、バスだと家の前まで送ってくれる上、帰ってくる時間が1時間以上も遅いからです。「まぁ、たまにはいいか」とも思いお迎えに行きました。

久しぶりのお迎えに甘えた姿を見せる次女。担任の先生が「え!?おうちではこんなに甘えてるんですか?」と驚きました。「家ではこの通り甘えん坊なんですよ~」と話すと、「幼稚園で頑張りすぎじゃない~?」と娘に聞きました。娘は「ふふふ」とハニカムばかり。

先生によると幼稚園では日頃甘えることがないというのです。長女もそうなのですが、幼稚園へ行くと先生にもお友だちのママにも「しっかりしてるよね~」と言われる2人。家ではそんなことないんだけどなっていつも思ってました。やっぱり幼稚園で頑張ってる分、家では甘えてわがままになっているんでしょうね。怒ってばかりおらず、受け止めて幼稚園の頑張りも認めてあげなきゃいけないなと思いました。

しかし帰る間際にさっそく駄々っ子炸裂!自転車の後ろの席の取り合いに負けた次女は大泣き;;先生方も心配して見ていたり、来てくれて抱っこしてくれたり…しかし、次女は泣き止みません。閉門のチャイムも鳴り「早く出なきゃいけないのにー!」と思いつつ、怒っても逆効果なので冷静に「お姉ちゃんは大きいから前には乗れないの。歩く?前に乗る?どっちがいい?」と聞きました。

するとシクシク泣きながらも「まえのる…」と。わたしは我慢してくれた次女に「ありがとう!お姉ちゃんいないときは後ろに乗ろうね」と言って、前の椅子に乗せました。そして無事に帰ることができました。

帰り道では幼稚園の話やお歌を一緒に歌って気分も晴れた、かと思いきや…今度は小学校から帰ってきた長男と言い合いに。たくさんチョコの入ったお菓子を「自分ひとりのものだ」と言って聞かない次女。いつもなら「みんなでたべよ!」と言います。今日は朝から何だか様子がおかしいな、とここで気づきました。

ひとしきり泣いた次女にわたしはこう話します。「あれはみんなで食べるために買ってきたんだよ。ひとりで食べて美味しいのかな?みんなで一緒に食べた方が美味しいし、みんな嬉しくない?」すると娘は少し考えて、「みんなでたべる…」と言いました。

その後次女はまた泣きながら今度は「ごめんなさい」と謝りました。「じてんしゃのるとき まえヤダっていって ごめんなさい」とも。こういうところはしっかりしている、というよりしっかりし過ぎている気もしますがこれが次女のいつもの姿なのです。優しいし素直。見習いたい…(笑)

今日のことはきっと次女自身も途中から自分のわがままに気づいていたのだと思います。それでも最初に言い出したら後に引けなくなったりしますよね。ここで怒られたら尚更引けなくなります。怒られたら恥ずかしいし、悲しい。反省するどころではありません。気持ちがグチャグチャになります。いつも怒ってる自分に言ってやりたい!

そんな思いに駆られ今日の出来事と考えたことをここに書きました。定期的にこの記事を読み返そうと思います。

 

↓応援クリック↓頂けると励みになります!

にほんブログ村

 

では、また!

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*