【教訓】突然保険屋のおばさんに声を掛けられた話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

hapirumama です。

 

今日、幼稚園から子どもたちが帰ってきた直後に、

家の前で、ある保険会社のおばさん2人に声を掛けられました。

 

 

スポンサーリンク

 

保険の紹介をされるのかと思いきや、

「明日クリスマスツリーを作って無料で貰えるイベントやりますので、

気軽に来てください!これあったら子どもたちが喜びますよ~」

とチラシを渡されました。

子どもにも見せて「これかわいいでしょ?光るよ!欲しいでしょ?」

と有無を言わせぬトークにいつもなら「ほしい!ほしい!」

と言う子どもたちも只うなずくのみ(笑)

勢いに圧倒されてました。

 

幼稚園の行事もあるので一度断ったのですが、

「イベントは朝から夕方までやってて10分くらいで終わりますから」

「ちょっと寄るくらいなので是非!」

「お母さん働いてるんですか?」

「ここ(現我が家)に以前うちのお客様が住まわれてまして」等と

話をやめようとせず、わたしがイエスと言うまで帰らない勢い。

 

あまり乗り気ではなかったのですが、

早く帰って欲しい一心で仕方なく

「じゃあ時間あったらいきます」

と言ってしまったわたし。

 

「ありがとうございます!

では念の為、お名前伺ってもいいですか?」と。

幼稚園の保護者用名札にバッチリ名前が書いてありすぐにバレる(笑)

 

その後、生年月日や住所、電話番号まで聞かれる始末。

「まぁツリー貰って子どもが喜ぶならいいか」とその時は思ったのですが、

保険のおばさんたちが帰った後、主人に

「保険屋さんにクリスマスツリー作りに来ないかと誘われた」

とLINEして我に返りました。

個人情報あんな簡単に言ってしまうって、自分ダメだろ!」って。

主人にも怒られると思ったので言えませんでした。

たぶんこれ見てると思うのでこの場で謝罪します。

ごめんなさいm(_ _)m

 

 

 

さて本題に戻りまして。

 

このイベントの趣旨ですが、

保険屋さんが言うには「クリスマスツリー作りに来てください」

チラシにも「クリスマスツリーを無料で作って貰える!」という事と、

簡単な作り方(既製品の組み立て方)が書いてあるのみでした。

 

いやいや、絶対それだけで終わらないでしょ(笑)

保険屋のイベントなんだから保険の勧誘に合うに決まってる。

しかも個人情報まんまと聞き出されたし…(簡単に教えたわたしが悪い!)

いろいろな提案書を用意されてしまう気がしたので、

直ぐに断りの電話をしました。

 

保険屋のおばさんは「そうですか~わかりました」と案外すんなり。

わたしは「あれ?」と思いました。

来てもらうのが目的であんなに強引に誘ってたはずなのに…と。

 

スポンサーリンク

 

勘の良い方なら直ぐにわかるかと思います。

 

簡単に引き下がった訳。

それは、すでに個人情報を入手し家まで知っているから!(怖)

イベントに来てもらわなくても、提案書を作成し後日自宅まで勧誘に来る。

 

来る…

きっと来る…

 

絶対しつこい(|| ゜Д゜)

 

 

何とおぞましい事でしょう。

そしてわたしは後悔しました。

どうして教えてしまったのだーーーーー!!!!!!と。

 

 

子どもをお持ちできっぱりと断るのが苦手な方、

気を付けてください。

わたしのように「子どもが喜ぶならいいか」と

安易な考えで個人情報を教えてはなりません!

あとで大変なのは自分自身です。

わたしもこれからは気を付けようと思います。

 

 

 

因みに、電話を切った直後に保険屋のおばさんからショートメールが。

「今日はありがとうございました。

またのきかいにきてください」

 

わたしは直ぐにこう返しました。

「すみません!

主人に個人情報を簡単に教えるなと怒られてしまったので連絡先と名前、

住所の書いた紙も処分していただけたら有り難いです。

よろしくお願いします」

 

これ以降返信はありません。

何もないことを祈るばかり。

もし訪問勧誘に来たらここにまた書きたいと思います。

 

 

追記

2~3日経ってから「かしこまりました」とメッセージがきました。

その後は連絡も訪問も無いので一件落着!だと思います(笑)

 

 

 

 

では、また!

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*