【手足口病・プール熱・ヘルパンギーナ】夏に流行!~集団生活の子どもがかかりやすい3大感染症のアレコレ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回は【夏の3大感染症】である「手足口病」「プール熱」「ヘルパンギーナ」についてお話したいと思います。

 

まずはそれぞれどういった病気なのかを見てみましょう。

 

 

 

 

は 溶連菌 についてお話しました。

【溶連菌】についてはこちら

 

スポンサーリンク

 

手足口病

手足口病とは

「エンテロウィルス」や「コクサッキーウイルス」などによる感染症です。

原因となるウイルスの種類が複数あるので何度もかかることがあります。

患者のほとんどは未就学児で5歳未満が80%を占めますが、稀に大人にも感染します。

参考画像

症状と治療法

症状は手足に水泡、口の中には口内炎ができ、発熱やのどの痛み、食欲不振やおう吐、下痢など。

発症してから5日くらいで症状は治ります。

特別な治療法はなく、水分をしっかり取って安静にするしかありません。

それほど重篤にはなりませんが、頭痛やおう吐が続く場合は合併症(髄膜炎など)を起こしている可能性があるのですぐに病院へ行きましょう。

そして口内炎が出来るとかなり痛く、子どもは食欲不振になることが多いです。

水分補給をしっかりし、柔らかく飲み込みやすいものを食べさせましょう。

感染ルートと拡大予防

咳やくしゃみの際に出る飛沫物によって移る「飛沫感染」と、唾液や鼻水がついた物を触れることで移る「接触感染」が主な感染ルートです。

マスクと手洗いうがいは必須です。

また 回復後も、口からは1〜2週間・便からは2〜4週間にわたってウイルスが排泄されます。

特に、おむつ交換後に汚染された手指を介して感染が広がってしまわないように流水・石鹸による手洗いを徹底しましょう。

 

 

 

プール熱

プール熱とは

「アデノウィルス」による感染症です。

正式な病名は「咽頭結膜熱

 

症状と治療法

38度以上の高熱、結膜炎、のどの腫れが主な症状です。

重症化すると危険な病気なので、病院へ行き適切な治療を受ける必要があります。

アデノウイルスに対する特効薬はありませんが、のどの痛みにはうがいや鎮痛薬を使いましょう。

また 目ヤニや結膜炎には抗生剤やステロイドの点眼薬、眼の痒みが強い時には抗ヒスタミン薬やステロイドの点眼薬を処方されることがあります。

のどの炎症で食欲不振になりやすいですが、水分補給はしっかり行いましょう。

食欲があるときは刺激が少なく、かまずに飲み込めるものを食べさせましょう。

感染ルートと拡大予防

塩素消毒が不十分なプールの水を介してヒトからヒトへ移る水中感染」により流行が拡大することが多いため、プール熱と呼ばれています。

その他にも咳やくしゃみなどの飛沫物で移る「飛沫感染」。

目ヤニも感染源となるため、タオルの共用や手指を介した「接触感染」もあります。

プールの後に発熱があった場合はプール熱の可能性もあるので、家族でタオルなどの共有はやめましょう。

目ヤニや唾液がたくさん付着したタオルは、洗濯機で洗剤を使用して洗っても感染する場合があるので別けて洗うことをおすすめします。

 

のどからは2週間、便からは30日間ウイルスが排出されます。

おむつ交換後に汚染された手指を介して感染が広がらないように、おむつの取扱いにも十分に注意し、交換後の流水・石鹸による手洗いが重要です。

症状がでている人や発病して日の浅い人の感染力は強いので、入浴の順番を最後にするといった心配りも感染拡大予防に役立ちます。

マスクをつけ手洗いうがいもこまめに行いましょう!

 

スポンサーリンク

 

ヘルパンギーナ

 

ヘルパンギーナとは

「コクサッキーウイルスA群」による感染症です。

多くは乳児から4歳以下くらいまでの子どもが感染します。

ウイルスの型がいくつかあるので、何度もかかってしまうことも。

稀に大人も発症しますので気をつけましょう。

 

 

症状と治療法

39℃以上の熱が1〜3日つづき、のどの奥に小さな水疱がたくさんできます。

水疱は2〜3日でつぶれて黄色い潰瘍になります。

のどの痛みが強くかなりの食欲不振になります。

水分を飲むのも辛い場合があるので「脱水症」に気をつけて水分補給をしっかり行いましょう。

 

特に治療法はありません。

水分補給と安静にすることで症状が徐々に良くなっていきます。

あまりにつらい場合は症状を和らげる鎮痛剤や粘膜保護剤の軟膏などは処方してもらえます。

 

 

感染ルートと拡大予防

手足口病と同様ですが、咳やくしゃみによる「飛沫感染」、唾液や鼻水がついた物に触れることで移る「接触感染」が主な感染ルートです。

マスクと手洗いうがいをこまめにして予防しましょう。

また 回復後も口から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排出されるので、おむつ交換後に汚染された手指を介して感染が広がらないように、流水・石鹸による手洗いを徹底しましょう。

 

 

 

 

夏の3大感染症共通点

今回ご紹介した感染症のウイルスはどれも「ノンエンベロープウイルス」と呼ばれるもので、アルコールや熱に対する抵抗力が高いもの。

そのためアルコール消毒や熱消毒では効果がありません。

しかし最近ではノンエンベロープウイルスにも有効な「酸性アルコール消毒剤」が開発され、薬局やネットでも手に入るようになりました。

 

 

 

こちらはジェルタイプ☆

こちらは携帯用のジェル。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サラヤ ハンドラボ手指消毒用VH ポンプ 300ml
価格:484円(税込、送料別) (2018/6/20時点)

こちらは速乾性スプレータイプ。

用途に合わせて選びたいですね。

冬の流行性感染症である「ノロウイルス」や「インフルエンザ」にも効果があるので常備しておきましょう!

 

 

 

 

以上

【手足口病・プール熱・ヘルパンギーナ】夏に流行!~集団生活の子どもがかかりやすい3大感染症のアレコレ~

でした☆

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*