夏休みの宿題は必要?それとも不要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

hapirumamaです。

 

夏休みが終わり早1ヶ月が過ぎました。

子どもの宿題に追われたあの日がもう懐かしい…

 

 

スポンサーリンク

 

しかし、もう二度とあんな想いしたくないです。

そもそもなぜ親が頑張らなくてはいけないのか!

自由研究なんて親への宿題ですよね(笑)

 

子どもが一人で考えてやるなんて1、2年の子にはまだ難しくないですか?

それができるのは小さい頃から教育を受けてきた子だけのように思います。

我が家の長男はやりたい気持ちはあるけど、やり方がわからないからとギリギリまで放置した挙げ句、結局工作にシフトチェンジしました。

まぁ母がそうさせたのですが…

 

 

 

夏休みの宿題はそもそも必要?

夏休みのある日、情報番組「スッキリ」のワンコーナーにてこんな質問が。

 

「夏休みの宿題いる?それともいらない?」

 

出演者が意見を言い合い、視聴者も投票してどっちの意見が多いのか見てみよう!

という趣旨のようです。

 

 

結果は いらない派 が圧倒的に多くてビックリ。

「いらない」という人は以下の理由でした。

  • 夏休みは自由に過ごすことに意義がある。宿題があると自由ではない
  • 普段できないことができるのが夏休みの醍醐味。勉強以外のことを経験するいい機会だから
  • 自由研究は親の方が大変。子供だけではできないのになぜやらせるの?
  • 宿題よりも塾優先。宿題は邪魔なだけ
  • 学校が宿題を出すよりも各家庭毎に考えて親が宿題を与えるべき

 

海外の主要国では夏休みに宿題がない、ということも街頭インタビューで分かりました。

次に「いる」という人は以下の理由でした。

  • 宿題がなきゃ勉強しないから
  • 生活(勉強)習慣を身に付けるため
  • ドリルや読書感想文は正直いらないけど、「ノート1冊何でもいいから埋める」という宿題で自分のことを知る(気付く)いい機会になった。このことから、このような宿題はありだと思う

 

 

インターネットが普及しヤフオクやフリマアプリなどを利用する人も増えていますね。

最近話題になったニュースでご存知の方も多いかと思いますが、それらを利用して宿題代行や完成品を売買する行為が問題視され、運営サイドで禁止するようにと国が指示しました。

メルカリやヤフオクで「宿題」出品禁止 文科省が打診、「古くて新しい問題」

 

こんなことが問題になるぐらい夏休みの宿題を

【面倒・辛い・やりたくない】

と感じている子どもや親がたくさんいるのですね。

 

前述の通り、わたしもそのひとりですが…。

上記のものを利用したことはないですし、

こんなことにお金出すのも嫌だなぁと思います。

 

でも宿題はいらない!!!!

わたし自身、宿題が実になったと思ったことは正直なく…

自業自得ですが、いつもギリギリまでやらないので辛い思い出ばかりです。

 

 

 

たくさんの宿題より夏休みにやるべきこと

それは体験学習やボランティア等に参加することだと思います。

わたし自身、高校生の夏休み中に自主活動の一環で体験学習に参加したのが良い経験になりました。

 

友達の誘いで参加したのですが、保育所へ行き

「子どもって可愛いなぁ」「子どもに関わる仕事してみたいな!」と思うきっかけになりました。

その後、保育の勉強ができる学校へ進学し資格も取得済みです。

少しの期間でしたが保育の仕事もできて、今の子育てにも役立っていると思います。

何より学んだことで小さい子に対する苦手意識がなくなりました。

 

このことから夏休みは宿題よりもいろいろな体験をすることが重要だと思います。

将来の夢が見つかればその為に勉強だって「頑張ろう!」って思いますよね。

 

 

学年が上がるにつれ「宿題いっぱいあるからあまり予定を入れられない…」となってしまう昨今の子どもたち。

塾や習い事、部活動をやっている子は尚更です。

 

それとは逆に、子どものことに手が回らないほど忙しい親御さんもいたり、

施設で暮らす子はどうするのか等の問題もあるかと思います。

 

なので、夏休みの宿題は「いる」か「いらない」か保護者の選択制にしてしまえばいいのでは?と思いました。

因みに宿題って文科省が義務化しているわけではないそうで、学校毎に出すか出さないか決めるそうです。

保護者が団結して学校に「夏休みの宿題を選択制に!」と要望すればそうしてくれるかもしれませんね。

 

 

これを読んでくれたみなさんの意見も聞いてみたいです。

お気軽にコメントください!

 

では、また。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*