【おすすめ絵本】大人が読みたい絵本6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「絵本は子どもが読むもの」だとあなたは思いますか?

読み聞かせのために読むぐらいで、自分ひとりでじっくり読むことがない方は多いのではないでしょうか。

 

それは非常に勿体ないとわたしは思います!

なぜなら、大人が読んでも「面白い」「泣ける」「考えさせられる」といった絵本はたくさんあるからです。

 

 

 

 

今回は大人が読んで楽しめる絵本をご紹介!

 

子どもと一緒に読むも良し。

一人でこっそり読むも良し。

人生観の変わる1冊に出会えるかも…?

スポンサーリンク

 

大人におすすめ絵本6選

 

えんとつ町のプペル

 

対象年齢:5歳から
著: にしのあきひろ
出版社: 幻冬舎

 

あらすじ煙突だらけの『えんとつ町』では、そこかしこから煙が上がり、頭の上はモックモク。
黒い煙に覆われた町の住人は、青い空を知りやしない。
輝く星を知りやしない。
そんな町に生きる、親を亡くした少年「ルビッチ」のもとに現れたゴミ人間の「プペル」
ハロウィンの夜に出会った2人に起きる「奇跡の物語」

 

お笑いコンビ「キングコング」のツッコミ担当 西野亮廣さんがたくさんのクリエイターさんと共に作り上げた作品です。

どのページを開いても絵がとても綺麗で感動しました。

話しの内容はいい評価をしない方もいらっしゃいますが、起承転結がはっきりしていてオチがあるところが芸人さんらしくて良いと思います。

西野さんご本人が無料公開もしていますので覗いてみてください↓

大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します(キンコン西野)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

えんとつ町のプペル [ 西野亮廣 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2018/6/13時点)

 

 

 

 

 

ぼくを探しに

対象年齢:大人
作・絵: シェル・シルヴァスタイン
訳: 倉橋 由美子
出版社: 講談社

 

あらすじ「何かが足りない それでぼくは楽しくない 足りないかけらを探しに行く」
ころがりながら、歌いながら、足りないかけらを探します。
みみずと話をしたり、花のにおいをかいだり。
楽しみながら野を越え海を越え進みます。
かけらを見つけますが小さすぎたり、大きすぎたり。
ぴったりだと思っても落としてしまったり、きつくくわえすぎて壊れてしまったりします。
そしてとうとう、ぴったりのかけらに出会います。
「はまったぞ ぴったりだ やった! ばんざい!」
ところが・・・。

 

哲学的なストーリーになっており読んだ後に考えさせられるものがありました。

 

 

 

 

 

 

 

いいこってどんなこ?

 

対象年齢: 3歳から
作: ジーン・モデシット
絵: ロビン・スポワート
訳: もきかずこ
出版社: 冨山房

 

あらすじ子ウサギのバニーは、いろんなことが心配になりました。
「ねえ、おかあさん。いいこって どんなこ?」
バニーぼうやはお母さんうさぎに次々とたずねます。
「絶対泣かないのがいいこなの?」
「何もこわがらない強い子がいいこなの?」
おかあさんはひとつひとつの問いに優しく答えます。「じゃあ、おかあさんは ぼくが どんなこ だったら いちばん うれしい?」お母さんうさぎはなんと答えたのでしょうか…?

 

親はよく「いい子にしてなさい!」や「お利口さんにしてないとおやつなし」って言いがちですよね。

この物語を読むとそんな自分を反省するはず(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いいこってどんなこ?
価格:1296円(税込、送料別) (2018/6/13時点)

 

スポンサーリンク

 

 

 

たいせつなこと

 

対象年齢:5歳から
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: レナード・ワイズガード
訳: うちだ ややこ
出版社: フレーベル館

 

内容「スプーンはたべるときにつかうもの」
でもスプーンにとってたいせつなのは、それをつかうと じょうずにたべられるということ。
ひなぎくは しろい、あめは うるおす、くさは みどり、りんごは まるい・・・。それぞれにとって大切なことは何か。
この絵本ではひとつひとつのものについて語ります。あなたは あなた。
あなたにとってたいせつなのは…?

 

先ほど紹介した「僕を探しに」同様、哲学的な内容です。

深く考えるとそのものの本当の姿が見えてくる、と教えてくれる1冊です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

たいせつなこと [ マーガレット・ワイズ・ブラウン ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/6/13時点)

 

 

 

 

 

 

りゆうがあります

 

対象年齢:4歳から
作: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所

 

内容ぼくは、ハナをほじるクセがある。
おかあさんにいつもおこられる。
りゆうは、「おぎょうぎがわるいから」だって。
ぼくもなにかりゆうがほしい。
ちゃんとしたりゆうがあれば、ハナをほじってもいいんじゃないだろうか。
ぼくがハナをほじるりゆう。
それは、ぼくのハナのおくにはスイッチがついていて、このスイッチをたくさんおすと、あたまから「ウキウキビーム」がでるんだ。
このビームは、みんなを楽しい気持ちにすることができるんだよ。
ツメをかんじゃうのは、ツメをくわえて、大人にはきこえない音をだしているんだ。
この音は、ゴミすてばのカラスをおいはらうことができるんだよ。
びんぼうゆすりをしちゃうのは、モグラたちに、今日あったできごとを「モグラ語」で教えてあげてるの。
子どもたちがついやってしまうクセ、それには、「りゆう」があるんです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

りゆうがあります (わたしのえほん) [ ヨシタケシンスケ ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/6/13時点)

 

 

 

 

 

このあと どうしちゃおう

 

対象年齢:5歳から
作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社

内容しんだおじいちゃんがかいた「このあと どうしちゃおうノート」がでてきた。
「じぶんが しょうらい しんだら どうなりたいか」が、かいてある。
「うまれかわったらなりたいもの」「こんなかみさまにいてほしい」「てんごく
・・・なんだかおじいちゃん、たのしそう。
でも、もしかしたらぎゃくだったのかもしれない。
ぼくだったら、どうしちゃおうかな。
いま、いきているあいだに、かんがえてみよう!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

このあと どうしちゃおう [ ヨシタケシンスケ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/6/13時点)

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

 

まだまだ紹介したい絵本がありますがまた次の機会に。

わたしは特にヨシタケシンスケさんの絵本が好きです!

どれも面白いんですよね~

思わず笑顔になれちゃう絵本ばかりです。

 

他の作品も是非読んでみてください。

 

 

 

 

 

以上 、

【おすすめ絵本】大人が読みたい絵本6選  でした!

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*