【子育て】子どものしつけについて考える:その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

hapirumama です。

 

この記事は【子育て】子どものしつけについて考える:その1

の続きです。

スポンサーリンク

 

前回は「あいさつをしっかりと」にまつわるお話でした。

今回は残りの2つ「面倒臭がらない」「頑張る姿をみせて」

について。

夫がどうしてそういったのかお話します。

 

 

面倒臭がらない

これに関しては結構前から注意されているのですが…

わたしは何に対しても「めんどくさっ」と言ってしまう程、

ズボラな性格。

しかし外では猫を被って隠す傾向があります。

家でも頑張らなきゃとは思うのですが、なかなか…

 

そんなわたしを見かねた夫が

「面倒臭いと思ったらその時にやりなさい」

と言いました。

そして「母親が面倒臭がるから子どももやることやらないんだぞ」と。

 

確かにうちの子ども達は外では「お利口だね」って言われるんですが、

家の中では片付けやお風呂、寝る・出掛ける準備を「やりなさい」と

わたしが言ってもなかなか動きません。

そしてわたしは毎日怒ってばかり…

 

これらはわたしが面倒臭がる姿を見せてしまっているのが原因なのか~

と夫に教わる未熟母なのでした。

夫に子ども扱いされているようで悔しいし悲しいですが、

未熟なのは事実なので仕方ありません;

反省して今後に活かしたいと思います。

 

スポンサーリンク

頑張る姿をみせて

これはわたしが「やる」と決めたことを中途半端にして

頑張っていない時に言われた言葉です。

「なんでもいいから頑張る姿みせてよ。

子どもにも頑張る姿みせて、ママ頑張ってるから自分も!って

なってほしくない?」

 

こう言われて「はっ」としました。

確かに子どもには色々頑張ってほしいと願う一方、

自分のこととなるとダメで…

自分自信に対する甘さをつくづく痛感している2018年秋です。

 

 

 

余談ですが

このように夫に注意を受けてばかりのわたしですが、

毎回その注意をすぐには素直に受け入れることができず…

大抵の場合、大ゲンカに発展します;

 

なんというか…

夫を口うるさいお父さんのように感じてしまう。

遅すぎる反抗期(笑)

決して尊敬していないとか嫌いとか下に見ている訳ではなくて、

なんだか素直に受け入れるのが難しい。

 

プライドなのかな…

理由が自分でもよくわからなくて毎回モヤモヤします。

誰か教えて(笑)

 

 

しつけのことをママ友に話したのはいいきっかけでした。

こうして注意を受けたしつけに関することを思い返してみて、

夫は正しいことを言ってたなと改めて思えたからです。

 

言い方をもう少し変えてほしいとは思いますが…

それだとわたしは変われないのかな?

もっと打たれ強くならなければいけませんね;

 

子どものためにも反省し、

自分に甘い部分を変えつつ子育てに励みたいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*