【経験談】幼稚園選びに迷うママ必見!~わたしはここを見て決めました~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育園に行っていないお子さんが2~3歳になるとそろそろ考えるのは「幼稚園」ではないでしょうか。

幼稚園や保育園は義務ではありませんが、スムーズに小学校へ通うためにも幼児期から集団生活に慣れさせたいですね。

 


スポンサーリンク

幼稚園によっては
プレスクール(プレ)がある

プレとは入園前の子どもたちが「幼稚園に慣れるための教室」です。
末っ子は入園する前の1年間、月2回程通いました。

その園の先生が行うところや外から講師を招くところ等、園によって違い月謝の金額も様々なので確認しましょう。

 

因みに園を見比べるためにプレを掛け持ちしているお宅もあります。

半年ほど経つと辞められる方、キャンセル待ちで入られる方もいました。

気になる園だったら定員オーバーでもキャンセル待ちしましょう!

新クラスを増設する場合もありますよ☆

保育時間について

保育園は長時間(8時間以上)預かってくれるのに対し、幼稚園は1日大体5~6時間。
朝夕延長保育を実施している園の場合、それを利用すればさらに+3時間程。

我が子の通う園にはわたしを含め専業主婦のママが多いのですが、時短勤務やパート・フルタイムで共働きの家庭も中にはいます。

しかしフルタイムの共働き家庭はかなり少な目です。

保育園に比べ保育時間の少ない幼稚園では働きにくいですが、近年では幼保園(認定こども園)も増えています。

幼保園とは幼稚園と保育園の良さを併せ持った施設。

様々な家庭環境の子どもたちが一緒に過ごすことにより、小学校に入った時の戸惑いが減るのではないでしょうか。

 

 

 

ここからはわたしの経験談をもとに幼稚園選びで見るべきところをご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

わたしが幼稚園選びの際に
重視したこと

  • バスの有無(家の近くまで来るか)
  • 園の保育方針、特色
  • 園内、先生、園児の雰囲気
  • 家からの距離、行きやすさ
  • 給食がある
  • 保育時間と金額
  • 制服が可愛い

優先順位が高い順に書きました。

 

長男が入園する頃、我が家は駅近のマンションに住んでいたため車を所有していませんでした。

その為、園選びの基準としてまずは通いやすさを重視。

徒歩で行ける園は無く、電車で一駅で駅から5~10分程の距離にあった現在通う園を見学しました。

 

他にも自転車で行けて一番近い園も夫婦で見学しましたが、園の特色が我が家には合わず…

しかし、そこに子どもを通わせているママ友がいるので詳しい話を聞くと、近隣の中では一番保育料が安くバス代(利用する人のみ)・給食費は必要ですが服装もほぼ自由。

他に掛かる費用と言ったらスモック・帽子くらいでした。

それに比べると我が子の園は月々の保育料・バス代・給食費の他に父母会費・冷暖房費・教材費・園服代…さらには卒園対策費(卒園アルバム+園に寄付する記念品代)を年長時にほぼ毎月集金されます;

思った以上に出費が多く大変~

でも子どもたちも大好きな園ですし、わたしも日々の保育に関しては満足度が高いのでこの園にして良かったと思っています☆

 

 

 

他の人はこんなところも見ていた!

  • 駐車場の有無・台数の多さ
  • 園庭の広さ
  • 課外指導・文字のお稽古等の有無
  • 延長保育時間・料金
  • お弁当の日があまり多くない
  • 自園給食である(食育に力を入れている)

 

 

 

保護者が行う活動はどの程度あるのか

保育所ですと基本働いている親御さんばかりなので係を決めて何かに取り組むというようなことはあまりないと思います。

しかし幼稚園、特に私立の場合は園からお手伝いをお願いされることも。

【参考】我が園のお手伝い係一覧↓

  • クラス役員(夏祭り運営・お楽しみ会年3回開催・役員だより作成等)
  • じゃがいも掘り付き添い
  • 夏祭りお手伝い
  • 運動会(園児見守り・競技道具・お父さん会場準備)
  • サツマイモ掘り付き添い
  • お遊戯会(園児見守り・衣装替え補助・舞台装飾補佐)
  • 餅つき (お餅をクラスの人数分ちぎる)

 

これらは一人一つというような決まりはなく、やりたい人・できる人に挙手してもらい決めます。

あとうちの園の場合、昔からの習わしでクラスごとに以下のようなこともやってきました。

  • 親睦会
  • 飲み会
  • クリスマス会
  • お別れ会
  • パウチ(写真や布・紙で装飾した原画をコピー、ラミネートしたもの) 

 

しかし、これはあくまでも保護者による自発的な活動であって、園から強要されていることではありません。

近年ではこのような催しを嫌がるママも増えているそう。

ママ友トラブル・いじめといった話題をよく耳にする時代柄、保護者の慣れ合いが嫌だという人、そもそも「余計な仕事を増やしたくない」という忙しいママも多くなったのだと思います。

 

このように幼稚園からお願いされるお手伝いの他に保護者主体の催しがある場合もあるので事前に園へ聞いてみても良いですし、気になる幼稚園に通っている知り合いがいたら確認しておきましょう。

スポンサーリンク

 

 

補助金の有無と金額を確認しよう

公立幼稚園卒のわたしに言わせると、私立幼稚園はべらぼうに保育料が高いです…

 

しかし住む地域により補助金が出るところも。

補助金の有無や支給額は自治体によって異なります。

大体は市区町村のホームページに記載されているので確認してみましょう。

 

因みに・・・

わたしの住む市では、所得により支給金額が異なり、また子どもの数・年齢によっても異なります。

そして幼稚園経由で毎年12月頃まとめて支給されるので、それまでは実費精算…

これが二人同時に在園してると相当な額になるので家計への圧迫が半端ないです;

 

補助金についてわからないことがあったら幼稚園よりも役所に聞いたほうがはっきりと答えてくれますよ☆

 

 

 

まとめ

最後にお話ししたことをおさらい!

 

  • 重視することを書き出し優先順位をつけよう。
  • 保護者が出る活動はどのくらいなのか聞いてみよう。
  • プレスクールに入り早めに幼稚園に慣れよう。
  • 保育時間と認定こども園について
  • 補助金の有無と金額は確認しよう

 

 

これらを意識して幼稚園選び頑張ってくださいね♪

 

 

 

以上

【経験談】幼稚園選びに迷うママ必見!~わたしはここを見て決めました~

でした☆

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*